FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

thinkpad e145 ubuntuインストールしてみた

thinkpad e145にubuntuをインストールしてみた。
結果は画面が真っ暗になって使えず。
DVDからレスキューモードでドライバインストール試すもネットワークからインストールできず無理だった。
2ヶ月も使えない状態だし困ったなあああ



追記:14.04はインストールできました。
画面輝度はは保存されないようですが・・・

ついでにE145レビュー
バッテリー充電1時間で50%くらい充電
1時間半で70%
3時間以内に100%充電された。

最初は遅く感じたが1日くらいたつとインデックス作成が終わるのか若干早くなったような気がする。
HDDアクセスランプが無いのでわかりにくい。
SSD化も考えてたが予算が無いので見送り。
液晶の画質はあまりよくないですね・・・安物モデルだからしょうがないですが・・・

本体サイズは29cm*21cmくらい、重量は1.5kgで持ち運びやすいがやや重い

住友スリーエム セキュリティ/プライバシーフィルター スタンダードタイプ 11.6型ワイド PF11.6W S-SP

新品価格
¥3,166から
(2014/11/20 22:33時点)


thinkpad e145にぴったりだった。
電車内や屋外で使うならあったほうがいいです。
スポンサーサイト
13 : 24 : 10 | Linux | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

Scientific Linux 6にxinetdをインストール

Scientific Linux 6にはxinetdが標準でインストールされていないようなのでインストールする。


ダウンロードとインストール
# yum -y install xinetd
Loaded plugins: fastestmirror, refresh-packagekit, security
Loading mirror speeds from cached hostfile
* sl: ftp.riken.jp
* sl-security: ftp1.scientificlinux.org
* sl6x: ftp.riken.jp
* sl6x-security: ftp1.scientificlinux.org
Setting up Install Process
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
---> Package xinetd.x86_64 2:2.3.14-38.el6 will be installed
--> Finished Dependency Resolution

Dependencies Resolved

================================================================================
Package Arch Version Repository Size
================================================================================
Installing:
xinetd x86_64 2:2.3.14-38.el6 sl 120 k

Transaction Summary
================================================================================
Install 1 Package(s)

Total download size: 120 k
Installed size: 259 k
Downloading Packages:
xinetd-2.3.14-38.el6.x86_64.rpm | 120 kB 00:00
Running rpm_check_debug
Running Transaction Test
Transaction Test Succeeded
Running Transaction
Installing : 2:xinetd-2.3.14-38.el6.x86_64 1/1
Verifying : 2:xinetd-2.3.14-38.el6.x86_64 1/1

Installed:
xinetd.x86_64 2:2.3.14-38.el6

確認
#rpm -q xinetd
xinetd-2.3.14-38.el6.x86_64

xinetdを起動
#/etc/rc.d/init.d/xinetd start

OS起動時に起動する
#chkconfig xinetd on

テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ

23 : 08 : 18 | Linux | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

lvm raid は鬼門

LVMがとにかく曲者で扱いにくいこの上ない。RIADとのコンボで悪戦苦闘まさに苦行
ルートだとLVMはほとんど意味ないな


ML110 G7のBIOS更新するとOSが起動するまでHP付属のキーボードが使えない。
ロジクール USBキーボード←おすすめ!

テーマ:その他 - ジャンル:その他

23 : 05 : 35 | Linux | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

p2v 物理マシンを仮想マシン化したい KVM

KVMで物理マシンを仮想マシン化したい もう最初に試行してから2ヶ月以上になるのでそろそろ完了したい。

検索しても使えそうな情報が出てこないのが辛い。

一つはddコマンドでデータを吸出しコピーしてfstabを書き換える方法らしい→しかしfstabの書き換え方が分からず挫折・・・
どうやらLVMを使っているとダメらしい・・・こんなところで弊害が出るとは


もう一つはvirt-p2v(virt-p2v-0.9.9.tar.gz)を使う方法があるらしいけれど何故か配布されていない。

テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ

03 : 13 : 17 | Linux | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

VirtualBox上の仮想マシンでフォルダ共有しようとしてアドオンをインストールするもうまくいかず

VirtualBox上の仮想マシンでフォルダ共有しようとしてアドオンをインストールするもうまくいかず
gcc makeインストール済み
#/etc/init.d/vboxadd setup
Removing existing VirtualBox non-DKMS kernel modules [ OK ]
Building the VirtualBox Guest Additions kernel modules
The headers for the current running kernel were not found. If the following
module compilation fails then this could be the reason.
The missing package can be probably installed with
yum install kernel-devel-2.6.32-279.22.1.el6.i686

Building the main Guest Additions module [失敗]
(Look at /var/log/vboxadd-install.log to find out what went wrong)
Doing non-kernel setup of the Guest Additions [ OK ]

#cat /var/log/vboxadd-install.log

Creating user for the Guest Additions.
Creating udev rule for the Guest Additions kernel module.
/tmp/vbox.0/Makefile.include.header:97: *** Error: unable to find the sources of your current Linux kernel. Specify KERN_DIR= and run Make again. 中止.
Creating user for the Guest Additions.
Creating udev rule for the Guest Additions kernel module.
/tmp/vbox.0/Makefile.include.header:97: *** Error: unable to find the sources of your current Linux kernel. Specify KERN_DIR= and run Make again. 中止.
Creating user for the Guest Additions.
Creating udev rule for the Guest Additions kernel module.
/tmp/vbox.0/Makefile.include.header:97: *** Error: unable to find the sources of your current Linux kernel. Specify KERN_DIR= and run Make again. 中止.
Creating user for the Guest Additions.
Creating udev rule for the Guest Additions kernel module.



何故かwebminもinvalid requestとなる
独学ではいろいろ限界を感じる・・・

テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ

05 : 18 : 13 | Linux | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

HP Smart Update Manager

ML110G7のBIOS更新をしようかと思っていたら
HP Smart Update Managerの使い方がわからない
そもそもlinux上で動くのかこれ
途中でIDとパスワードを入力する場所があるけれどなんのIDとパスを入力するのか?
23 : 03 : 16 | Linux | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

UnixBench

UnixBench 5.1.3
やってみた。3台のPCでの比較
Unix系で動作するベンチマーク
結構時間がかかるようだ1時間くらいは確保したほうがいいかも



Pen M 1.73Ghzマシン
13年前のHDD20GB
DDR2


sh: 3dinfo: command not found

  Version 5.1.3           Based on the Byte Magazine Unix Benchmark

  Multi-CPU version         Version 5 revisions by Ian Smith,
                   Sunnyvale, CA, USA
  January 13, 2011          johantheghost at yahoo period com


1 x Dhrystone 2 using register variables 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Double-Precision Whetstone 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Execl Throughput 1 2 3

1 x File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 1 2 3

1 x File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 1 2 3

1 x File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 1 2 3

1 x Pipe Throughput 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Pipe-based Context Switching 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Process Creation 1 2 3

1 x System Call Overhead 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Shell Scripts (1 concurrent) 1 2 3

1 x Shell Scripts (8 concurrent) 1 2 3

========================================================================
  BYTE UNIX Benchmarks (Version 5.1.3)

  System: : GNU/Linux
  OS: GNU/Linux -- 2.6.18-308.24.1.el5 -- #1 SMP Tue Dec 4 17:42:30 EST 2012
  Machine: i686 (i386)
  Language: en_US.utf8 (charmap="UTF-8", collate="UTF-8")
  CPU 0: Intel(R) Pentium(R) M processor 1.73GHz (1596.4 bogomips)
     MMX, Physical Address Ext
  21:38:55 up 8 days, 7:45, 1 user, load average: 0.06, 0.02, 0.00; runlevel 5

------------------------------------------------------------------------
Benchmark Run: 木 1月 03 2013 21:38:55 - 22:07:15
1 CPU in system; running 1 parallel copy of tests

Dhrystone 2 using register variables     5683022.8 lps  (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone           1481.5 MWIPS (10.3 s, 7 samples)
Execl Throughput                   2911.9 lps  (29.8 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks   224297.4 KBps (30.0 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks     65545.3 KBps (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks   556460.8 KBps (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput                 373849.6 lps  (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching         164109.4 lps  (10.0 s, 7 samples)
Process Creation                  9960.8 lps  (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent)           3461.7 lpm  (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent)           499.0 lpm  (60.1 s, 2 samples)
System Call Overhead             608780.3 lps  (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values       BASELINE    RESULT  INDEX
Dhrystone 2 using register variables       116700.0  5683022.8  487.0
Double-Precision Whetstone               55.0    1481.5  269.4
Execl Throughput                      43.0    2911.9  677.2
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks      3960.0   224297.4  566.4
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks        1655.0   65545.3  396.0
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks      5800.0   556460.8  959.4
Pipe Throughput                   12440.0   373849.6  300.5
Pipe-based Context Switching            4000.0   164109.4  410.3
Process Creation                    126.0    9960.8  790.5
Shell Scripts (1 concurrent)               42.4    3461.7  816.4
Shell Scripts (8 concurrent)               6.0    499.0  831.6
System Call Overhead               15000.0   608780.3  405.9
                                         ========
System Benchmarks Index Score                       532.0
                                        




celeron533Mhz
10年前のHDDHDD60GB
SDRAM

sh: 3dinfo: not found
  Version 5.1.3           Based on the Byte Magazine Unix Benchmark

  Multi-CPU version         Version 5 revisions by Ian Smith,
                   Sunnyvale, CA, USA
  January 13, 2011          johantheghost at yahoo period com


1 x Dhrystone 2 using register variables 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Double-Precision Whetstone 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Execl Throughput 1 2 3

1 x File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 1 2 3

1 x File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 1 2 3

1 x File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 1 2 3

1 x Pipe Throughput 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Pipe-based Context Switching 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Process Creation 1 2 3

1 x System Call Overhead 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Shell Scripts (1 concurrent) 1 2 3

1 x Shell Scripts (8 concurrent) 1 2 3

========================================================================
  BYTE UNIX Benchmarks (Version 5.1.3)

  System: V: GNU/Linux
  OS: GNU/Linux -- 2.6.32-5-686 -- #1 SMP Sun Sep 23 09:49:36 UTC 2012
  Machine: i686 (unknown)
  Language: en_US.utf8 (charmap="ANSI_X3.4-1968", collate="ANSI_X3.4-1968")
  CPU 0: Celeron (Coppermine) (1130.8 bogomips)
     MMX, Physical Address Ext, SYSENTER/SYSEXIT
  23:52:38 up 13 min, 1 user, load average: 0.45, 0.79, 0.60; runlevel 2

------------------------------------------------------------------------
Benchmark Run: 木 1月 03 2013 23:52:38 - 00:20:51
1 CPU in system; running 1 parallel copy of tests

Dhrystone 2 using register variables    1909351.1 lps  (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone          441.3 MWIPS (10.1 s, 7 samples)
Execl Throughput                  444.0 lps  (29.9 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks   40409.2 KBps (30.0 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks     15703.5 KBps (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks   55618.2 KBps (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput                 211413.4 lps  (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching         43064.3 lps  (10.0 s, 7 samples)
Process Creation                  1187.6 lps  (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent)            585.6 lpm  (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent)             77.4 lpm  (60.4 s, 2 samples)
System Call Overhead              460833.9 lps  (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values        BASELINE    RESULT  INDEX
Dhrystone 2 using register variables         116700.0  1909351.1  163.6
Double-Precision Whetstone                  55.0    441.3   80.2
Execl Throughput                        43.0    444.0  103.3
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks        3960.0   40409.2  102.0
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks          1655.0   15703.5   94.9
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks         5800.0   55618.2   95.9
Pipe Throughput                      12440.0   211413.4  169.9
Pipe-based Context Switching               4000.0   43064.3  107.7
Process Creation                       126.0    1187.6   94.3
Shell Scripts (1 concurrent)                  42.4    585.6  138.1
Shell Scripts (8 concurrent)                  6.0     77.4  129.0
System Call Overhead                   15000.0   460833.9  307.2
                                             ========
System Benchmarks Index Score                           122.9


ProLiant ML110G7
Celeron 2.4Ghz
DDR3




sh: 3dinfo: command not found
  Version 5.1.3           Based on the Byte Magazine Unix Benchmark

  Multi-CPU version         Version 5 revisions by Ian Smith,
                   Sunnyvale, CA, USA
  January 13, 2011          johantheghost at yahoo period com


1 x Dhrystone 2 using register variables 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Double-Precision Whetstone 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Execl Throughput 1 2 3

1 x File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 1 2 3

1 x File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 1 2 3

1 x File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 1 2 3

1 x Pipe Throughput 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Pipe-based Context Switching 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Process Creation 1 2 3

1 x System Call Overhead 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Shell Scripts (1 concurrent) 1 2 3

1 x Shell Scripts (8 concurrent) 1 2 3

2 x Dhrystone 2 using register variables 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

2 x Double-Precision Whetstone 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

2 x Execl Throughput 1 2 3

2 x File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 1 2 3

2 x File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 1 2 3

2 x File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 1 2 3

2 x Pipe Throughput 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

2 x Pipe-based Context Switching 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

2 x Process Creation 1 2 3

2 x System Call Overhead 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

2 x Shell Scripts (1 concurrent) 1 2 3

2 x Shell Scripts (8 concurrent) 1 2 3

========================================================================
  BYTE UNIX Benchmarks (Version 5.1.3)

  System: ProLiant: GNU/Linux
  OS: GNU/Linux -- 2.6.32-279.19.1.el6.x86_64 -- #1 SMP Tue Dec 18 17:22:54 CST 2012
  Machine: x86_64 (x86_64)
  Language: en_US.utf8 (charmap="UTF-8", collate="UTF-8")
  CPU 0: Intel(R) Celeron(R) CPU G530 @ 2.40GHz (4789.1 bogomips)
     Hyper-Threading, x86-64, MMX, Physical Address Ext, SYSCALL/SYSRET, Intel virtualization
  CPU 1: Intel(R) Celeron(R) CPU G530 @ 2.40GHz (4789.1 bogomips)
     Hyper-Threading, x86-64, MMX, Physical Address Ext, SYSCALL/SYSRET, Intel virtualization
  23:58:30 up 18 min, 1 user, load average: 0.02, 0.08, 0.08; runlevel 5

------------------------------------------------------------------------
Benchmark Run: 木 1月 03 2013 23:58:30 - 00:28:40
2 CPUs in system; running 1 parallel copy of tests

Dhrystone 2 using register variables    25473543.1 lps  (10.4 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone          2842.1 MWIPS (9.8 s, 7 samples)
Execl Throughput                  4472.4 lps  (29.7 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks  777682.0 KBps (30.0 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks    256509.4 KBps (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks  1679790.9 KBps (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput                 1792147.6 lps  (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching         200845.5 lps  (10.0 s, 7 samples)
Process Creation                 13344.1 lps  (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent)            5781.6 lpm  (60.1 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent)            1223.3 lpm  (60.1 s, 2 samples)
System Call Overhead             3123350.8 lps  (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values       BASELINE    RESULT  INDEX
Dhrystone 2 using register variables        116700.0  25473543.1  2182.8
Double-Precision Whetstone                 55.0    2842.1  516.7
Execl Throughput                       43.0    4472.4  1040.1
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks        3960.0   777682.0  1963.8
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks         1655.0   256509.4  1549.9
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks        5800.0  1679790.9  2896.2
Pipe Throughput                     12440.0  1792147.6  1440.6
Pipe-based Context Switching              4000.0   200845.5  502.1
Process Creation                      126.0   13344.1  1059.1
Shell Scripts (1 concurrent)                 42.4    5781.6  1363.6
Shell Scripts (8 concurrent)                 6.0    1223.3  2038.9
System Call Overhead                 15000.0  3123350.8  2082.2
                                           ========
System Benchmarks Index Score                        1375.5

------------------------------------------------------------------------
Benchmark Run: 金 1月 04 2013 00:28:40 - 00:59:10
2 CPUs in system; running 2 parallel copies of tests

Dhrystone 2 using register variables     52883598.1 lps  (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone           5677.1 MWIPS (10.0 s, 7 samples)
Execl Throughput                    9437.1 lps  (29.3 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks    971917.9 KBps (30.1 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks      294329.3 KBps (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks    2193511.6 KBps (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput                   3629811.7 lps  (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching            682348.5 lps  (10.0 s, 7 samples)
Process Creation                    27518.8 lps  (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent)              9085.1 lpm  (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent)              1242.6 lpm  (60.2 s, 2 samples)
System Call Overhead               4870642.5 lps  (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values        BASELINE    RESULT  INDEX
Dhrystone 2 using register variables         116700.0  52883598.1  4531.6
Double-Precision Whetstone                 55.0    5677.1  1032.2
Execl Throughput                        43.0    9437.1  2194.7
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks         3960.0   971917.9  2454.3
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks          1655.0   294329.3  1778.4
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks        5800.0  2193511.6  3781.9
Pipe Throughput                      12440.0  3629811.7  2917.9
Pipe-based Context Switching               4000.0   682348.5  1705.9
Process Creation                       126.0   27518.8  2184.0
Shell Scripts (1 concurrent)                  42.4    9085.1  2142.7
Shell Scripts (8 concurrent)                  6.0    1242.6  2071.0
System Call Overhead                  15000.0  4870642.5  3247.1
                                            ========
System Benchmarks Index Score                          2337.0
01 : 20 : 52 | Linux | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

違うバージョンのperlをインストールする

タイトルとは関係ないですが、
ML110G7にScientific Linux 6を入れて使用していますが、modem-managerがインストールされている上勝手に常駐しているので削除
ppp関連消したら network-maneger?だったかも一緒にアンインストールされた。



古いperlじゃないと動かないプログラムがあったので古いperlをインストール。の巻

SL6では5.10系がインストールされてるけどうちの環境では一部のプログラムが動かないこともあるので5.8系を入れてみた。
最初からインストールされているもののバージョンを固定してしまうとソフトウェアのアップデートや更新に支障が出てしまうようなので注意が必要だ。
おそらくプログラム側でも冒頭の#!/usr/bin/perlを書き変える必要があるかもしれない。


ダウンロード
$wget http://www.cpan.org/src/5.0/perl-5.8.9.tar.gz

解凍
$tar xvzf perl-5.8.9.tar.gz

移動
$cd perl-5.8.9

sh Configure -Dprefix=/usr/local/perl-5.8.9 -Dinstallusrbinperl=N -de
ソースからコンパイルするのでGCCをインストールしておこう。
sudo yum install gcc
sudo make
テスト。数分~(古いPCとかだと)数十分かかる
sudo make test
「All tests successful.」と出れば問題なし。

インストール
sudo make install
sudoでなくてもrootでやってもいいかも

インストールされた場所は多分
デイレクトリは/usr/local/perl-5.8.9/
perlのアドレスは/usr/local/perl-5.8.9/bin/perl ←多分これ


参考にさせていただいたページ
1つの環境に複数のPerlをインストールする


5.8.8の場合エラーが出る模様。
perl-5.8.8 を gcc-4.2系でコンパイルする際の注意

collect2: ld はステータス 1 で終了しました
make: *** [miniperl] エラー 1
というエラーが出るので
lib 書き足す
Perl の make 時に miniperl でエラーになる場合の対処方法

perl-5.8.8 のインストール
うーんどこだろう。
Debian への Perl インストール失敗

いくつか参考にしたけどソース自体にあるバグと新しいGCCでの問題が重なって一筋縄では行かなかったみたい。
2時間以上かかったけどようやくインストールできそうだと思ったらまたエラーでた。
Failed 3 test scripts out of 923, 99.67% okay.
### Since not all tests were successful, you may want to run some of
### them individually and examine any diagnostic messages they produce.
### See the INSTALL document's section on "make test".
### You have a good chance to get more information by running
### ./perl harness
### in the 't' directory since most (>=80%) of the tests succeeded.
u=1.19 s=0.49 cu=94.23 cs=8.36 scripts=923 tests=115239
make[2]: *** [_test_tty] エラー 1
make[2]: ディレクトリ `/home/yotti/perl-5.8.8' から出ます
make[1]: *** [_test] エラー 2
make[1]: ディレクトリ `/home/yotti/perl-5.8.8' から出ます
make: *** [test] エラー 2

5.8.9は簡単だったのに5.8.8のインストールは苦戦した。いろいろ調べたけれど問題は解決できなかった。
リリースの間が2年以上空いているのが大きい?
18 : 44 : 13 | Linux | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

centos5でrpmforgeを入れてソフトをインストールしようとしたらエラー

rpmforgeを入れてからインストールコマンド実行してみる


# yum -y --enablerepo=rpmforge install proftpd
Loaded plugins: fastestmirror, priorities
Loading mirror speeds from cached hostfile
* base: www.ftp.ne.jp
* extras: www.ftp.ne.jp
* rpmforge: mirror.hmc.edu
* updates: www.ftp.ne.jp
Excluding Packages in global exclude list
Finished
80 packages excluded due to repository priority protections
Setting up Install Process
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
---> Package proftpd.i386 0:1.3.4a-1.el5.rf set to be updated
--> Processing Dependency: perl(Mail::Sendmail) for package: proftpd
--> Finished Dependency Resolution
proftpd-1.3.4a-1.el5.rf.i386 from rpmforge has depsolving problems
--> Missing Dependency: perl(Mail::Sendmail) is needed by package proftpd-1.3.4a-1.el5.rf.i386 (rpmforge)
Error: Missing Dependency: perl(Mail::Sendmail) is needed by package proftpd-1.3.4a-1.el5.rf.i386 (rpmforge)
You could try using --skip-broken to work around the problem
You could try running: package-cleanup --problems
package-cleanup --dupes
rpm -Va --nofiles --nodigest


謎のエラー
検索しても出てこない
検索エンジンから来た方には悪いけれども解決方法がよくわからなかった。
00 : 18 : 43 | Linux | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

Debianのインストール方法

2012年11月現在の最新版はDebian 6.0 "Squeeze"です。新しいバージョンが出てもやり方自体はほぼ同じかと思います。Debianは安定していて誰でも無料で使うことができます。

インストールCD/DVD用イメージを下記のページからダウンロードしましょう。
http://cdimage.debian.or.jp/

32bit版と64bit版がありますがどちらをダウンロードするべき?
新しいパソコンであれば64bit版が使えると思いますが、よくわからなければ32bit版でいいかと思います。32bit版でも問題はあまりないので。(メモリが4GB以上載せられるパソコンであれば64bitに対応している可能性が高いです。)

CD(またはDVD)イメージダウンロードをダウンロードしましたら右クリックで「ディスクイメージの書き込み」クリックして書き込みます。windows7/Vistaの場合 XPでは別途iso書き込みに対応したソフトが必要です。
イメージCD作成には何も書かれていないメディアが必要です。CD-RWやDVD-RWが再利用できてお勧めですがCD-R、DVD-Rでもいいでしょう。

インストール前の注意点:設定によってはHDD内のデータが消えます。フォーマットする前にバックアップしておくか移しておくことをおすすめします。
CD/DVDが焼けたらインストールしたいパソコンに入れましょう。うまく読み込まれないときはBIOSでCD/DVDドライブが最初に読み込まれる設定であるか確認しましょう。
あとは画面の指示に従ってインストールして行きましょう。数十分から1時間程度でインストール完了できるかと思います。

途中でキーボードや言語の設定などが聞かれますがjapaneseを選びましょう(英語で表示されている場合)

インストールが完了したら再起動して無事に起動すればインストール成功です。


Linuxエンジニア養成読本 [仕事で使うための必須知識&ノウハウ満載!] (Software Design plus)

新品価格
¥1,974から
(2012/11/13 17:14時点)

Debian 辞典 (Desktop reference)

新品価格
¥2,940から
(2012/11/13 17:15時点)

テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ

15 : 21 : 31 | Linux | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

| ホーム | 次ページ

 

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

スポンサードリンク

   

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

ブログ内検索

カウンター

プロフィール

ぱきぱき。

Author:ぱきぱき。
オンラインゲームなどで気になると思うので参考PC環境
2008/04/03~
【CPU】Athlon64 X2 4200+ G2
【M/B】GA-MA78GM-S2H
【RAM】DDR2 2GB*2
【VGA】NVIDIA GeForce 8600 GT (OC版)
【OS】WindowsXP Home SP3
【解像度】SXGA 1280x1024

 

アクセスランキング

ネットゲーム全般・攻略ブログ PCゲーム全般・攻略ブログ iPhone・攻略ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。